冬の散歩道

投稿頻度維持優先の方針でw

ネタ温存出来て助かってます。橘情報なんて地方の情弱には皆無ですからね〜。別府ネタでは被り物でやらかした話が中心ですし、別府来訪するお歴々の顔ブレからは、私の珍道中よりも…ねぇw

ではでは京都編の続きの始まり〜。

ゆっくり歩いて坂道を下ります。跨線橋が段々と近くなってこの旅のゴールが間近なことへの複雑な感情を伴って更に歩みが遅くなり…

立ち止まり…

左手に向き直った私の視界に様ご存知の掲示板と小ちゃな看板が入ります。

はぁ〜、とうとう直接に目にする事が叶ったよ〜〜〜!遥か遠く細道の奥には、誰そが悪さした門扉がチラ見えw今回の一人旅の大目標に到着です。もちろん、ここより中へは進むツモリは旅行計画時点から御座いません。ホントに、この位置が旅の終着点。………写真だけは撮らせて頂きました 。

m(_ _)m

とは言え、ずっとココにいたりしますと年の初めから伏見署の方々と仲良くお雑煮なんかたべられるようなオメでたい展開になりそうですので、感慨深さもソコソコに、跨線橋から鉄道線路を眺めてみたりと偽装工作を行う私w

不審者感MAXです。  

京都橘のファンになってから、それなりの年月を過ぎたわけですけど、ヤットここまで来ましたよ。色々思うことはございましたが、長居はできませんので、遠く校舎の一部を目にしながら跨線橋を渡り、住宅街の細い坂道を下ったのでした。

後は単純に伏見観光なのですが、おっと桃山南口の駅方面を忘れてはいけませんイケマセン!ソコソコな交通量となった県道7号線を一路東へ。自転車置き場があるという学校の入口を、通りすがりの一般人を装いながら眺めて通り過ぎ、駅まで向ってコンビニにて小休止。生徒さん達にも利用者が居るのだろうか?と思いながらも飲物購入。さて、ここからはどないしょ?

普段から単独行動好きな私。何の観光資源もない住宅街なぞをフラフラい歩くのは良くやってるなんて事は前投稿でも暴露済でしたね。駅から南下し山科川を越え、平坦な住宅街をプラプラ。この辺りで小雪舞い散る空模様となってました。さすがにもう戻るかな?と、ひたすら徒歩移動で大手筋方面に歩みを進めます。寒い〜w 歩きでの発汗が冷えに繋がり、チトやばいと感じつつも車では入り込めない細い路地を敢えて選んで探検しますと、スマホには伏見と言えばココでしょう的な観光スポットが現れて来ました。下戸には用の無い酒蔵のオンパレードや、龍馬ゆかりの地などなど。歴史もそれなりに興味と知識はありますので、こんな機会に史跡を見て回れるとは。さすが京都、普通の観光客気分になれますね。九州の田舎町とはちがいます。

観光・商業地として元旦でも賑やかになってる大手筋まで戻ってきて、早い時間ではありますが、今夜の食事は何処にしようか?と正月から営業しているお店を物色。翌日にはまた九州に向けて出発ですから、はよ食べて、はよ寝んとイカン。小腹も空いたので「おやつ村」にて鯛焼きを2つw購入し、商店街の飲食店(嬢blogで目にしてた店を中心に)の営業状況を確認しつつ、一旦宿へと戻りました。ちと、歩き疲れましたし。

だいたい計画通りに京都橘のお膝元を堪能できまして、大きな満足感にひたっておりました。さて、予算的にも余裕は無いし、京都観光は回り出したら行きたいトコロや食べたいモノが多過ぎですので、今回は眼中にありません。後は帰路の天候だけだわ〜とか考えてたのですが、チョイとイタズラ心も湧いてきたので…と続きは、またの機会にw

“冬の散歩道” への10件の返信

  1. お疲れ様です。昨日夜22時に到着してからようやく豊岡チケットをゲットしました。

    1. え!! いやはや、ビックリ・ぽん♨

      もしかして、車中泊してゲット…みたいな感じですか?

      🚗💨 お帰りもお気をつけて🌞

      しかし、他方で見ましたが、早朝から100人の行列って💦 お疲れさまでした<m(__)m>

    2. やる〜ぅ!

      我が愛車には車中泊機能が無いので

      行けませんw

      それ以前の問題ですけど…

  2. ともちちさん徘徊の地図を作ってみました。あたっていますか?

    左上にメニューがあります。また、右上のアイコンをクリックして拡大すると見やすいです。

    1. わざわざ、ありがとうございます♥️

      細部にチョイチョイ誤差がありますが

      概ねこんな感じですかね。

      1. 小心者には何にもでけませんわ〜

        次号、刮目して待て!

        って前もやりましたかね。

コメントは受け付けていません。