フロアドリル

フロアドリルとグランドドリル、それにステージドリルとはその境目が明確ではないのですが、とりあえず、体育館等で行われ、四方から観客が見られるドリルをフロアドリルと呼ぶことにしています。フロアドリルの最大のものは、当然のことながら全日本マーチングコンテストということになりますが、これを除くと実はめったにイベントを見ることができません。少なくとも定期イベントは1つもありません。

(フィールドアートMediaMixが定期イベントになる可能性はあります。) 以下、自分が勝手に分類した、フロアドリル3タイプになります。

 

タイプと解説

イメージ

■大型イベント

 マーチングを披露するためのフロアであり、ポイントなども正確に打たれ、四方からの観客がその演奏演技を観覧している形式。全日本マーチングコンテストがその頂点であり、通常その規定に従って演奏演技される。

 本タイプのイベントは、それなりの経費が必要で、京都橘高校吹奏楽部にとっては、残念ながら定期イベントは存在しない。ただし、滋賀県で2月に行われるフィールドアートMediaMixは、定期イベントになる可能性があり、ファンの間では期待が高まっている。

■不定期イベント

 地域貢献イベントを含め、不定期ではあるがそれなりのイベント数でフロアドリルが披露されている。ただし、正式なフロアドリルではなく、マーコン規定タイプの演奏演技であることは少なく、大抵はステージドリル形式に近い形式となっている。

 また、京都橘高校体育館で披露されることも散見される。

 なお、同じ体育館でも、ステージ上で披露される場合、フロアドリルには分類せず、ステージドリルとしている。

■スポーツ応援イベント

 近年、京都橘高校吹奏楽部人気にあやかって、プロやそれに準ずるスポーツの試合に呼ばれて披露するフロアドリルのこと。フロアで行われるが、スポーツの試合準備のため、正式なフロアドリルではなく、ステージドリルに準じた形式になる。今後も増加する可能性が高い。