ババンばバンバンバン🎶はぁビバノノ〜

新年度も始まり、ブルーメやらブラエキやらが待ち遠しい今日この頃というのに……

 

昨年の別府、初生観戦させて頂き

本当〜に、ありがとうございます♡

ほぼ地元と言って過言の無い大分県で橘のステージやパレードを目にする事ができるとは…

望んではいましたけれども実現するとは夢にも思っておりませんでした。

橘の、精華や玉名や活水との友好から、九州遠征の可能性は勿論期待していた訳ですが、別府には何の関連もございませんから、別府マーチングカーニバル2020の動画はチェックしていたものの、まさか橘の参加が実現するとは!

京都界隈のイベントなど、とてもではありませんが気軽に向かえない地方民にとっては、正に神からのご褒美とも思える大イベント!

艱難辛苦を乗り越え参戦する以外に選択肢はありません!

 表立った情報源(バレバレ)ではありませんでしたが、昨秋のイベント開催に関しては、かなり早い内から耳にしており、別府に関しては確実に参加出来るように休日の確認・確保を行いました。個人的には勤務先内での異動が確定していたりと大変な時期ではありましたが、2020時のイベント情報から、現地にいる知人の中に何らかの関係者が居ないものかとチョット情報収集しては連絡を付けたりと、イベント開催の情報公開前からコソコソと動いておりました。結果としては現地関係者からの優遇は叶わず、チケット争奪戦に参戦する方向となりましたが、何とかGETなりましたので、ホッと胸を撫で下ろした次第です。

チケ争奪戦歴戦の勇士、ケセラさん、色々ご教示ありがとうございました。

 で、行き帰りの行程は毎度のバイク一般道の旅ですけれども特に支障もなく、庭先みたいなタダの田舎道ですので端折ります。

ほぼ予定通りに、会場となる別府ビーコンプラザに到着しまして記念に📸 当日の宿を確認後に、遠征組の皆様を御出迎えするために身を清めます。高校生の頃から何度も通った別府浜脇温泉に向かい、250円で穢れもバイク旅の汗とホコリもさっぱりと落としまして超リラックスタイム。(結構最近まで入浴料は60円でしたが急に値上げw)

スーパーにて購入済のパンとコーヒーで朝食の後、別府駅そばの無料駐輪場にバイクを停めたらバスターミナル(失笑)へ徒歩移動です。

そう、予定のバスに乗っておられる長女さんと、そのお供の御二方wと初の御対面www私が実はたいして若くないどころか、カナリのオッサンである事がバレた瞬間でございます。

正直、同じ橘ファンに直接会うこと自体が初の経験な上、そのお相手に超有名親子がいると思ったら激緊張してまして、ワタクシ挙動不審だったのでは?と思います。

皆様を宿泊予定のホテルまで御案内しまして、やはり観光はそっちのけで会場及びパレードコースの下見となります。少し距離は有りますが別府駅からは徒歩圏内。そこまで温泉地的な風情は無い上り坂やショートカット出来る公園を突っ切って会場到着。ホール入口周りを確認後、折角だからと数少ない別府名所のタワーに登り、別府の街を眺めます。記念写真の長女さん、可愛かったですよね♡嬉しい事に、橘生の方々も同じくタワーに登ったらしく、写真の投稿もあったりして、オッサン1人でウキウキしてました。

 さて続いては、タワーの上から眺めつつ説明させてもらったパレードコースを実際に歩いて下見と相成ります。Diablo先輩からは結構長めなコースで期待出来るとの感想を頂き、何だか我が事のように嬉しくなっていました。主催の別府の皆様ありがとう!

前年のスタート位置からゆっくりと下りになる道に沿って歩道を移動し、ゴール地点の公園正面までしっかり下見です。さすが参戦経験豊富な皆様、慣れた感じです。

……

 このあと、夜の開演まで まだまだあるのですが、無駄に長い私の観戦記、いつものネタ温存のために、一旦ここまでと致します。というか詳細を覚えて無いくらい舞い上がってました。

 ありがとう!118th!

新年度になったと言うのに、またもナカナカ完結しそうに無い予感がします。

申し訳ございませんm(_ _)m

不審者、都大路を走る!

さあ、京都最終日です!

早朝から帰路に着く予定が

マルっと白紙になりましたので

全くの無計画。いやぁ、いつもの事ですね。

 

朝をゆっくり出来たので、身支度にチェックアウトも済ませたら、早速の出発。先ずは徒歩では時間とるので避けていた桃山城へ。ところが駐車場も合わせて休業日なので入るも叶わず、フェンス越しに見学〜wブラタモリで見たお城裏側の地形を確認しつつ、即移動。バイク乗り付けで二度目の乃木神社参拝を済ませ、橘校舎に別れを告げて京都市内方面に進みます。宇治方面は時間的に足りなさそうなので、次回に期待です。

 ナビ無しですが、地図の記憶を頼りに道路標識見つつ八坂神社方向へ。コロナ禍でなければ車も人も、もっと多かったと思われますが、比較的スムーズに進めました。八坂神社前は流石に人が多かったですね。で、目的地はと申しますと嬢blogで目にしてましたマルシン飯店さんの天津丼。昨日から餃子まみれw流石の京都です。比較的街中ということもあり、バイクも路上駐輪を避けたいなと考えていると、あるではないですか!素敵な巡礼地が!そう、ロームシアター京都です。きっと駐輪場が設置されていると信じ春日大社警備のお巡りさんに場所確認。意外にショボイ駐輪場に止め、張り切って徒歩にて真っ直ぐお店を目指すも…年末年始休業やんけ!肩をガックシと踵まで落としながらロームに戻り、小腹満たしにコンビニ利用の後、扉の閉まったシアターを外部から中を伺う超不審者行動の実践wwwザウルス三姉妹もくつろいでいたテラス席はオッサン1人にはハードル高し。シアター裏の喫煙所にて地元民のオッチャンとコロナ談義をしたあとは、あの短距離パレード開催地の大きな鳥居の参道へと行ってみたいと思いました。が、流石に初詣客で密状態なので避けて遠目に観つつ、次の目的地の検討です。ちゃんとした食事してから京都を離れようと思ってましたのですが、嬢御推薦のローム近辺のお店は人気店みたいで混雑しまくりな上に、やはりオッサン1人旅にはハードル高いので回避を決定。たいへん不審者らしい見学地を2箇所(コレはナイショ)を経由して昼食へと向かうこととしました。御所の南側、丸太町通を西進し堀川通で南へ転進、二条城前を通過。あぁ、丸太町の交差点付近には寄りたい場所も有りましたが今回はスルーで。出張時に営業さん運転の車で走ったコースも、結構覚えてるモンですねぇ。京都観光ならまだまだ見所多い中京区・下京区をノンビリ南へと。でも不審者としては、あの辺も行ってみたい〜と言うような地域が多くてフサフサの後ろ髪を引かれつつ、内緒の目的地へ。郊外なので付近に民家も殆ど無く、京都とは思えない人気の無さです。バイクも停め放題なので暫し妄想に耽る私wそして再始動後には…何やかんやで大手筋に戻って来てしまいましたwお昼ご飯の狙いは、そう「かつくら」さんです。貧乏旅行とはいえ、チョットはエェもん食べたいやないですか!区役所の駐輪場を利用し、再び来たぜ大手筋商店街〜🎶嬢も納得のロースカツでご飯とキャベツと味噌汁もガッツリ頂きました。美味し〜い♡上品系なトンカツってとこでしょうか。どちらかと言えばワイルド系なトンカツ屋さんばかり行ってる者には、お店もカツも何か特別なものを体験出来た気になれました。ご馳走様でした。

 心もお腹も満たされたところで、京都・伏見にもお別れです。フェリーでの夕食と翌朝の朝食を買い込んで、初めて通る京都〜大阪南港までの高速道路の道順を確認。…準備は整いました。

 また来るぜ!いつ来れるかワカランけどw

とボヤッとした決意を胸に出発進行〜!

〜で南港到着〜www

大阪の都市高速を運転するのは怖い怖いw道順間違え無いようにするのと周りの運転にドキドキしっぱなしでした。丸善インテックアリーナなんて探す余裕もありませんわ。

 とりあえず、トラブル無く乗船出来まして、翌朝には地元北九州着です。

 行き当たりばったりで、ロマンスのカケラも無い一人旅でございました。でも最上の目的である橘高校を直接目にする事ができましたので、達成感はありました。当時は別府公演を観戦出来るなど夢にも思っておりませんでしたので、何時になれば生徒さん達を直に観戦・応援出来るのやらという寂しさを感じてはいましたが…。長女さんのデビュー(の近辺?)にはまた必ず関西まで来るぜ!と決意を新たに離れゆく大阪の街明かりを船上からしばらく眺めていたのでした。

おしまい

 ネタを引っ張り続け、ただダラダラと引き伸ばした個人旅行記をここまで目を通して頂きまして本当にありがとうございます。駄文、お恥ずかしい限りですが、少しでも橘絡めたら怒られないかなぁ〜なんて甘えたスタンスで投稿させて頂きました。手持ちの橘ネタなど皆無な九州人を憐れに思って、生暖かい目で見守って頂けますと幸甚です。次は別府ネタしか手持ちはありませんが、コレなら単なる個人旅行記ではありませんので、私の初の生橘体験の喜びをお伝え出来るように精進いたす所存です。みなさま諦観の境地でお付き合いをよろしくお願いいたします。

人生おおまか

予定なんて有って無きようなものですわ。

別府観戦記が既に旬を過ぎかけているようなこの時期に、さらに1年近く前になる伏見訪問の続きでございますm(_ _)m

ネタバレされ過ぎて新鮮味もなんも有りませんけど。御付き合い頂ければ、ワタシの橘ネタ不足にも対応出来ますので大変に助かります。

さてさて

当時目にしていた方もいらっしゃるかもですが、元旦からポツポツとジゼ嬢のblogコメント欄に、今何処に居るとは明記せずに、お散歩状況などを投稿していたのですよ。

素知らぬフリして、あけおめコメントw

小雪交じりだとか、住宅街歩いてるとか?鯛焼き買うたとか。普通に地元で過ごしている正月の風景として。流石にバレてない感触w ヨシヨシ

でも折角の大手筋まで来てるんですので、どうせなら地元民のオススメ店で夕食としたくなった私。amebloのDMにて、ジゼ嬢に伏見滞在中を自らバラしましたw

アホやな〜的に何か笑われた返信を頂きましたが、有難くも何軒かご紹介ありましたので、何だかんだと迷いつつも下見済の開いてるお店に向かいました。何か途中で嬢配下の妹さんに既に目撃されとったようですが、よく見分けたもんですね。そんなに九州男児な外見してないと自負してるのですけど。

で、入店したのが「餃子ノ酒場いっちゃん」

酒飲めへんっちゅ〜にw

昼も大中で餃子を食べたっちゅ〜にw

夜も餃子だよw

おひとり様なのでカウンターにて嬢オススメの肉豆腐半熟卵入りや餃子で白ご飯を食べる完全なお食事利用。奥のテーブル席では若者グループが非常〜に楽しそうに飲んで騒いでと盛り上がってましたが、下戸の私はジンジャーエールで水分補給。食事中にも京都御案内おもてなし意識の高い嬢から、その他色々な見所紹介メールも来てたのですが、そのなかに、一人旅満喫のサビシいオジサンを偵察しに妹さんの1人が大手筋まで来るとか来ないとかの怖いお知らせがあり、身と財布の危険wを感じた私は早々に退店してコンビニへ避難ー!怖い怖い〜!!宿での夜の飲み物や朝食など購入です。そのコンビニ内で、どこかで見覚えのある若い女性客がいましたが、見間違えでしょうw

 後日に嬢紹介のマーコさん動画で大手筋の復習をする事になるのですが、どうせ餃子食べるなら「ぎょうざの富士」に入っとけば定食もたべられたなぁ〜と後悔することになりました。当日その場で感じた営業している富士の暖簾が下がった入口は、何だか所謂一見さんお断りな京都文化を想起する狭い餃子専門店てな雰囲気だったのですよ、ヨソモノ視点では。下調べって重要ですねぇ。次があれば絶対富士にチャレンジです!

閑話休題

 宿に戻るも、嬢からの沢山の京都案内に、明日早朝の帰路への出発がとても勿体なく感じてきていた私。往路の時間やガソリン代、最悪の事態の帰路途中の予定外宿泊などなどを計算し、財布と相談の上でネット検索してみた結果、翌日夕方の大阪南港発のフェリーで帰っても、翌々日の早朝には自宅ですので時間的に大差ない上に出費もトントン。そして、最重要項目「寒くない!」BESTぢゃないですか!

同様に嬢もフェリー利用を思いついてたらしくメールで提案してきました。コレなら翌日、それなりに京都廻れるやん♡やリィ〜!早々に決定して予約実行。行き当たりばったりな旅故に、少し予想外な出費ですけど、バイクで都大路を気ままに回れる魅力には負けました。

さぁ!翌日は伏見以外?の京都見物です!

 

ってな訳で、ネタ温存も続かせて貰おうとの姑息な考えですが、正直次回は別府ネタでもやりたい気もします。別府参戦組の皆様に御迷惑かけない個人的行動のみでなら大丈夫ですかね?合流後の行動等は非公開の方が良いかなぁ?と考えてます。御意見コメント頂けますと幸いですm(_ _)m

冬の散歩道

投稿頻度維持優先の方針でw

ネタ温存出来て助かってます。橘情報なんて地方の情弱には皆無ですからね〜。別府ネタでは被り物でやらかした話が中心ですし、別府来訪するお歴々の顔ブレからは、私の珍道中よりも…ねぇw

ではでは京都編の続きの始まり〜。

ゆっくり歩いて坂道を下ります。跨線橋が段々と近くなってこの旅のゴールが間近なことへの複雑な感情を伴って更に歩みが遅くなり…

立ち止まり…

左手に向き直った私の視界に様ご存知の掲示板と小ちゃな看板が入ります。

はぁ〜、とうとう直接に目にする事が叶ったよ〜〜〜!遥か遠く細道の奥には、誰そが悪さした門扉がチラ見えw今回の一人旅の大目標に到着です。もちろん、ここより中へは進むツモリは旅行計画時点から御座いません。ホントに、この位置が旅の終着点。………写真だけは撮らせて頂きました 。

m(_ _)m

とは言え、ずっとココにいたりしますと年の初めから伏見署の方々と仲良くお雑煮なんかたべられるようなオメでたい展開になりそうですので、感慨深さもソコソコに、跨線橋から鉄道線路を眺めてみたりと偽装工作を行う私w

不審者感MAXです。  

京都橘のファンになってから、それなりの年月を過ぎたわけですけど、ヤットここまで来ましたよ。色々思うことはございましたが、長居はできませんので、遠く校舎の一部を目にしながら跨線橋を渡り、住宅街の細い坂道を下ったのでした。

後は単純に伏見観光なのですが、おっと桃山南口の駅方面を忘れてはいけませんイケマセン!ソコソコな交通量となった県道7号線を一路東へ。自転車置き場があるという学校の入口を、通りすがりの一般人を装いながら眺めて通り過ぎ、駅まで向ってコンビニにて小休止。生徒さん達にも利用者が居るのだろうか?と思いながらも飲物購入。さて、ここからはどないしょ?

普段から単独行動好きな私。何の観光資源もない住宅街なぞをフラフラい歩くのは良くやってるなんて事は前投稿でも暴露済でしたね。駅から南下し山科川を越え、平坦な住宅街をプラプラ。この辺りで小雪舞い散る空模様となってました。さすがにもう戻るかな?と、ひたすら徒歩移動で大手筋方面に歩みを進めます。寒い〜w 歩きでの発汗が冷えに繋がり、チトやばいと感じつつも車では入り込めない細い路地を敢えて選んで探検しますと、スマホには伏見と言えばココでしょう的な観光スポットが現れて来ました。下戸には用の無い酒蔵のオンパレードや、龍馬ゆかりの地などなど。歴史もそれなりに興味と知識はありますので、こんな機会に史跡を見て回れるとは。さすが京都、普通の観光客気分になれますね。九州の田舎町とはちがいます。

観光・商業地として元旦でも賑やかになってる大手筋まで戻ってきて、早い時間ではありますが、今夜の食事は何処にしようか?と正月から営業しているお店を物色。翌日にはまた九州に向けて出発ですから、はよ食べて、はよ寝んとイカン。小腹も空いたので「おやつ村」にて鯛焼きを2つw購入し、商店街の飲食店(嬢blogで目にしてた店を中心に)の営業状況を確認しつつ、一旦宿へと戻りました。ちと、歩き疲れましたし。

だいたい計画通りに京都橘のお膝元を堪能できまして、大きな満足感にひたっておりました。さて、予算的にも余裕は無いし、京都観光は回り出したら行きたいトコロや食べたいモノが多過ぎですので、今回は眼中にありません。後は帰路の天候だけだわ〜とか考えてたのですが、チョイとイタズラ心も湧いてきたので…と続きは、またの機会にw

小雪舞い散る伏見のお正月

完結させないとさすがに怒られそうなので続きでございます。

さて、年跨ぎで宿に到着したものの…フロント兄さんとのムフフな展開は当然ですが有りません。兎に角、空腹なんですよ。道中酷い目に遭ってますから。部屋に着いて荷物や移動用装備一式を外してから、一息いれる間もなく外出します。目指すは年中無休と目にしていた、ある意味聖地の「大中ラーメン」です。一抹の不安はありましたが、年越しの雰囲気を味わうこともコミコミで大手前のアーケードに歩みを進めます。

 深夜ですが、初詣の場所には事欠かない京都らしく、ソコソコの人の行き来がございました。もちろん深夜ですので、大半のお店のシャッターは降りていますが、地方の閉店シャッター商店街とは雰囲気が異なります。24h営業のチェーン店もあるので安心安心。で、到着した大中ラーメンの前で、「臨時休業 17:00閉店」の張り紙発見www肩を踵までガックりと落として途方に暮れましたが、正月は通常通りの営業との一文に期待して、ホテル方向に名誉ある撤退〜〜〜!  

いや、普段から運の無さには定評のある私ですが、ここまで困難に遭遇する旅行は初めてでございます。結局は食べてなかった年越し蕎麦を「なか卯」で頂いて、コンビニで朝食買い込んで宿に戻った次第です。出発準備から、何やかんやで24時間近くの連続活動でしたが、やっとの休息でございました。

 2021年の初日の出、まさか京都で一人で見るとは、数年前には想像もしておりませんでしたね。伏見にいると言う高揚感からか、早々に起床し身支度整えて、伏見観光のスタートです。正月営業のお店でも開店時間はまだまだ先ですから、静かな元旦の朝の街をプラプラ歩いてみるだけなんですが、動画の中で何度見返したか分からない大手筋のアーケード街を東進するだけで感動します。いやぁ、聖地巡礼って良いなぁ〜と一人でニヤつくキモいオッサンを疑われ無いよう気をつけつつ、先ずは近場の伏見区役所外周を一周w こんな行動する旅行者、他にはいないワナと自分のキモさを感じつつ、現地を体感して廻れることに感動します。アーケードに戻りながら、事前にチェックしていたお店の状況も確認。さすがに元旦の営業はどちらも無いようで、こりゃ御土産買うのは無理っぽいなと感じながらも商店街でカナリの時間をかけて過ごしてしまいました。で、頃合い見計らって「大中ラーメン」に突撃です。正月のこんな時間からラーメンかよwと自嘲しながら、まだ並ぶ客もいないお店に楽勝で入店。カウンターにて頂きました。ガッツリと御飯とギョーザもセットです。お世辞抜きで九州のお店に負けない美味しさ。近所に有れば間違い無く通い詰めるレベルです。京都のラーメン、侮り難し。そこはかとなく熊本風かな?

 旅の課題を一つ二つとクリアしまして、腹ごしらえも完璧。ではでは、最大の目的地、橘高校目指して歩みを進めます。グーグルMapなどで予習したコースを、いかにも乃木神社への初詣客と言う姿を装いw心中ドキドキしながら坂道を歩きます。知らない土地を散策する時に感じる、現地の人たちの生活感。良いですねぇ。メジャーな観光地から少し外れた処を見てまわるの大好きなんですわ。その上で、部員さんの一部にはココが毎日の通学路なんやなぁ〜とかキモく思い、一つひとつ目にする風景に想像を膨らませます。時間に余裕もありますのでユックリと進みますと、桃山御陵の木々の間を抜ける冷たい風が、坂道登るオッサンの体温を下げてくれます。で、例のT字路を右折。左手に乃木神社が見えます。右はMJの羽化でお馴染みの桃小。来ました…。来ましたよ!はやる気持ちを抑えつつ、キチンと乃木神社に参拝し、初詣完了。往路の無事への感謝と復路の安全、今年の橘の活躍を祈願しましてから、坂を下ります。そして、辿り着きました!

…思いの外、長い自分語りになってますwネタ温存の為に、以下次号。

あぁ、あれが京都の灯り…

 皆様、お盆過ぎても、この世の状況にうっぷんも溜まり過ぎてらっしゃると思いますが、如何お過ごしでしょうか?さてさて、続きモノとして、ダラダラ行程を書いても面白みに欠けるンデスけど…ネタも無いのでwご容赦願います。

 節約しながらの旅は高速道路を使わないところから、な訳で料金の安い関門トンネルをチョイスして本州上陸です。トンネルを抜けた先は、北九州と同じく雪国でした。交通量のお陰で路面は何とか大丈夫なんですが、視界不良となる程の吹雪。知ってる道とは言え、普段ほとんど走行しない者にとっては標識や工事案内などが視認できないと事故にも繋がります。バイザーを白く塞ぐ雪を手で拭いながらの必死の運転ですわ。もちろん気温は低いままですし、せっかく購入したカイロも効かないし。京都到着に暗雲どころか雪雲が立ち曇り…。

でも、バイク旅は続行です。

長時間の走行には耐えきれるものではなく、チョイチョイ休憩を入れていきます。但し、乗ってるバイクが希少車輌の上、雪中行軍の珍しさからか、知らない人からの声掛けを頂くことも多く、話し込んだりするもんですから時間をドンドン消費しまして、昼食の時点でまだ岩国のマクドですがなwヤバい〜。尾道ラーメンでもゆっくり食べようと思ってたのに、甘かった〜っ!まさか広島までに6時間以上かかるとは…。

カイロの効果的な貼り方はマスターしつつも、次なる試練はスマホのバッテリー切れですわ。旅のお供に、消費電力の小さなPodcastで地方のお馬鹿ラジオを古いモノから順に聴き続けていたら、広島市を越えた辺りで突然の電池切れ!田舎量販店に飛び込んで外付けバッテリーを急遽購入しました。何せホテルの連絡先等もスマホにしかありませんので。暗くなる前に神戸位には着く予定だったのが、ヤバすぎ。

よく知る岡山を通過する頃には完全に日没です。て言うか、夜です。暗い、寒い、山間部で路面凍結、しかも岡山以東はほぼ道を知らないw最悪ですわ。追い討ちに外付けバッテリーも切れましたw ココロ、オレソウデス…。(このフレーズ好きです)

しか〜し、諦めの悪さには定評?のある私。コンビニでの電池式外付けバッテリーの追加購入に、こんな事もあろうかと(by真田技師長)持ってきていた社用携帯にてホテルへのチェックイン遅延を連絡。大晦日の夕食を、暖を取るためだけの肉饅チョイスで乗り切って兵庫県入りです。関西の道路、全く知らないので、いつの間にやら有料道路に突入しつつ、料金所のオッちゃんに道順尋ね、もう走行可能なら高速道路利用も止むなし!と出張で見覚えのある神戸・西宮辺りから吹田〜京都と脇目も振らず高速移動〜!いや、ホント、コロナの大晦日は高速道路ガラガラでした。

 最終給油のスタンドで、京都までです言うたら「初詣ですか?」と尋ねられて、「いやぁ、聖地巡礼です」とは返答出来ず、北九州ナンバーのバイク好き初詣客として「伏見稲荷にはココから時間的距離でどのくらいですか?」などと質問するヘタレっぷりでした…。そして、やっとの思いで京都南ICに到着。降り口間違え逆方向に進むも、京都の灯りを目にすることが叶ったわけです。あぁ〜、何とか年内到着だわ〜…。ちなみに、ホテルでのチェックイン時に年を越しましたw フロントのおニイさんと、お年始のご挨拶です♡

桃山近辺の旅情報は、他の皆さんの投稿などに詳しいですが、一応、私の探訪記も次回投稿させて頂きます!京都の観光名所をガン無視な2021年元旦は、私に何をもたらすのか?乞うご期待!…いや、何もゲット出来てはいませんけど。

 

告白?懺悔?

私、正直者を自称しておりますが、ここいらで公言してない私事を白状いたします。
こちらの関係者の極一部の方や、感の良い方にはバレてると思ってますが…

私、このコロナの蔓延する世の中で、不要不急でありながら…
正月に京都・伏見に行ってましたw
もちろん、目指せ橘!目指せ大手筋!でございます!
たまたま、正月一人で迎える予定となり、かと言って実家に帰るのもコロナ絡むと近所の目がありますし。嫁からある程度の費用負担も了解ありましたので、こんなチャンスは中々無いので、清水の舞台から飛び降りたんですわ。東山は行ってませんけど、道中の苦労のお陰で、大変感動的な伏見探訪となりました…。

とにかく、資金的には宿泊費+α程度でしたので移動手段は愛車のGSX400Xただ一つ。新幹線は到底無理で在来線も三密回避で避けようとすればバイク一人旅は丁度良いなと、ホテルだけは二泊予約してウキウキと年末まで過ごしたんですよ。ですが出発当日、2020年12月31日。西日本は白く染まっておりましたwww いや、前日からヤバいなとは思ってましたが。
片道行程約600km、Googleマップ君の計算で約12時間の旅はこうして始まりました。

高速料金も使わない一般道の旅。(先に申しますと、高速道路の大半は2輪車走行禁止や通行止め区間多数でしたので、時間想定的には計算通りだったんです)
しか〜し、出発予定時刻の朝6時、自宅近辺は道路が真っ白で、二輪車では死を覚悟する必要があるかなぁ〜って感じ。

でも、普段の通勤でも降雪時の走行はこなしてるので細心の注意をしながら徐行運転。それでも凍結及び残雪でスリップする事多々。いつもなら15分程度の距離に3倍以上の時間をかけて走行し、なんとか交通量の多い幹線道路まで出たものの…

寒い〜!!!てか寒い超えて痛い〜!!!

防寒系ジャケット&防水パンツ、下は発熱系アンダーの上下に厚手靴下のフル装備!
でも冬用グローブの指先が30分の走行で限界感じる寒さ。明るくなってきても、吹雪続きの天候。こりゃアカン!でも京都には絶対行くんだ〜!って事でコチラでメジャーな24時営業のスーパーに入って追加装備の購入。貼るカイロ系も大量に準備して再出発!などなどやってるうちに、関門海峡越えるまでに2時間以上かかる想定外の時間ロス。しかも、まだ吹雪いてるw
これ、ホントに年内に京都に辿り着くことは出来るのかぁ〜??
以下、次号を刮目して待て!www

目指せ女性読者獲得w

お久しぶりの投稿です。

続き書くとは申しておりませんのでw

こいらで、先にコメントしていたBLネタでもかまして腐女子だけでも何とかぢぢブロワールドに引きずり込みたいところなんですけど、スタン*チューブとかマニアックな嗜好が過ぎる高齢者ばかりなので、おっさんずラブ通り越した「えぐみ走った内容」になると、十代美少女がドン引きしますからw余りに濃い具体例は避けましょう。

我が娘(十代美少女w)も、教えてなんかいないのに?流行りのディズニーリスペクトな腐女子受けする作品にのめり込んでいて、先が思いやられる今日この頃です。
ナンカKTOGにも若干名のBL好きがいるそうですが、そちらも言及は避けましょうねw

さて、男子の割にはBLに耐性のある私ですが、基本ノーマルのノンケでして。
正直、ガチな方々とはお付き合いを遠慮しております。が、学生時代には何とも怪しい友人が何名かおりましたwww
1人は性同一性障害?もう1人はBL好き男子。いやぁ、類友とはよく言ったものです。
えっ?イヤイヤ、ごく普通の友人関係でつるんで遊んでいただけですが、何か?
正直、一部後輩からは怪しがられていた様で御座います。

こんなスキルを獲得したのは、やはり幼少期の経験からな訳です。
今は金銭的にも時間的にも余裕が無いので橘関連に慎ましくハマっているだけですが、幼少期には何故か各種漫画雑誌や単行本が溢れる実家や親戚宅におりましたので、古めの少女漫画も含めて漫画ばかりを読んで過ごしておりました。なので萩尾望都先生や竹宮惠子先生の作品らで美しい表現のBL読んだから耐性が出来ました。おかげで魔夜峰央先生の作品にもさして抵抗無くハマり込んで笑い転げていたのでした。
世代的にはまだまだBLと言う言葉は無くて、同人界隈では「やおい」とか言ってたのを思い出します。
で、当然逆の百合的な話もよく見て耐性がありまして、さる所で聞いた体験談も、さもありなんと抵抗無く受け入れております。(コレはこれ以上は言及出来ません!w)

真面目な事を言いますと、昨今のLGBTな世の中には、それもまた個人の自由や個性であると思う次第ですので、否定するつもりもございません。ただ、人類が自然界にて継続してゆくには、種の保存という意味で生産性が下がるのが勿体ないなぁ〜と漠然と思う程度でございます。
歴史的にも昔から存在してますし、生物学的にも発生して当然な事象です。なので現代日本に限った特殊な話でもございませんので、差別やイジメの対象にする様な事だけはしないように心がけましょう。

と、言っても自分が笑いのネタ扱いするのはどうなの?って感じもしますが、ソコハソレ、生暖かい目で見て下さい♡w

以上、不快に思われた方がいらっしゃいましたら申し訳ございませんでした。

 

 

う〜〜〜ん、全文削除されそうwww

邂逅?

 無理矢理ですが、トップバッターのご指名頂きましたので、とほほ。
自己紹介かねてでよろしい様ですので簡単にw
ぢぢ様には、カナリの個人情報入れておりますけど、知っとるわい的なツッコミは無しで御願いしますね。
 H.N.「ともちち」と申します。
北部九州でシガナイ中小企業リーマンをやっております。甲斐性なしの共稼ぎ家庭持ち。故に、買出し&調理担当の二児の父をやってます。初期の投稿でディナーの準備で大変としたせいで、コックさんかと思われてましたが、違いますw

本題です…
橘吹部の沼にハマったのは、忘れもしない何時だったか…忘れかけてるやん。
確か113thの夏頃で、御多分に洩れずYouTubeのオススメ欄に突然出て来たのに釣られた…筈です。確かw
既に踊ってみたとか中・高生が踊りまくる動画も多くなっておりました時期。特にダンスには興味の無い人間でしたが、学生時代の友人がJazzバンドをやってたこともあり、オススメ動画をちょっとした好奇心でクリックしたわけです。嘘はつかないのがモットーですので、ミニスカ衣装の女子高生に惹かれたのを隠すつもりはございません!
ですが演奏曲目と激しく動くダンスに驚愕し、なんでこんな事が高校生に出来るのかが不思議でならず、動画や情報をネットで漁り始めたわけです。そこで…
表現に問題があれば申し訳ございません。
検索サジェストに「義足」の文字を見つけてしまいました…。
長い自分語りの導入ですw

わたくし、以前の仕事の一部で、特別支援学校(昔の養護学校)関連の設計をやっておりまして、障害を持つ子供達に関しては少々の勉強と経験をさせて頂いておりました。仕事内容に面倒な事が多く、他の設計者には敬遠されがちで、下っ端の私に御鉢が回って来たのがきっかけです。しかしながら、いろんな想いから熱心に取り組んでいた私のところに段々とその手の案件が多く来るようになり、営業マンからも指名で依頼が来るようにもなりました。関西や一部東海地方には、この仕事の都合で支援学校の訪問もしています。給食のカレー頂いた事もありますヨ。

先生方のご苦労、親御さんの愛情、何より生徒さん達の笑顔。ハンデがありながらも懸命に、学校を楽しんでます。
「コレは仕事としてやり甲斐あるぞ!少しでも快適に・負担を減らして・安心して使える物に仕上げなければ!」と。私もコレ天職かなと思い至るほどチカラ注ぎました!とはいえ予算も期限もあるので限界はありましたがwそれでも法律や悪しきお役所仕事の前例主義に対抗すべく日々悪戦苦闘の努力を致しておりました。(過去形)

10年以上昔ですので、既にその会社は無くなっておまして…私も職を現在の会社に移しているわけですが、ハンデに負けずに頑張る子供達には今でも思い入れが強いのです。
そんな私の目に入った文字。目にしていた橘動画の中で、そんな違和感を感じるような生徒さんはいませんでしたので、まさかと思って見直すと、確かに膝にサポーターが有るような無いような…

で、見つけました。
正直言って信じられませんでした。
そのくらい素敵な笑顔の演技でした。
どれだけの努力で、この笑顔と演奏・演技を…。そして、どのステージもパレードも楽しんでやってる様にしか見えない。これは、周りの生徒さん達も同じです。全員が輝きまくってます!
ここまで来るのに皆んなどれだけ努力してるの??障害なんか関係無く、普通にありえないよね?!体力的にも技術的にも!
私自身は楽器など一つも演奏出来ない門外漢ですが、もってる知識からは不可能としか考えられない!
演者の経験もありませんから更に分かりませんが、動画で見る本番の数々は、生徒さん達には楽しい以外の何物でもないという様に感じます。他所でやってる御涙頂戴の再現ドラマとかと全く違う!
はまったキッカケは彼女ですが、障害の有無など関係なく、これ程感動するステージを作り上げている全ての生徒さん達の努力の過程と成果に、どんどん引き込まれてしまったのです。

長くなりましたねw
こんだけ言うてて、一推しは別の生徒さんて言うのも何じゃそりゃですけど、
ぢぢブログにたどり着くのは まだまだ先の話なのです。
では以下次号に続かないwww