格上のその後

イケさんには呆れられ、ともちちさんにも早く投稿しろとチクリと催促されようやくの投稿です。

例の私が勤めている会社の新入社員の話しのその後です。どんな話しだったのかは以前投稿した格上登場、格上登場2、116期、117期?を接待をご覧下さい。

去年、京都橘が全国マーチングコンテストで金賞を獲得し、もはや格上で無くなった感はありますが某地方で全国マーコン常連高校出身の彼女ら、担当業務にも慣れてきたようでテキパキと仕事をこなしており、違う部署の私が業務外の高校の部活動の話しを挟みこむ余地は無く、またコロナの影響でテレワークを命じられ特に高校時代にクラリネットでパートリーダー、木管長をしていた後輩ちゃんとはなかなか顔を合わせられていませんでした。そんな中、今度はスイーツでもエサにして質問コーナーその2でもやろうと思っていた矢先、なんと後輩ちゃんは東京の本社へ転勤となってしまいました。50万円のクラリネットのその後等聞いてみたい事考えていたんですけどね。

そして残された先輩ちゃんはいつも仕事に一緒懸命、ついには営業成績優秀で社長表彰を受賞したようです。これでますます業務に関係の無い話しがし辛くなりました。

さらになんと、我らがぢぢブロ唯一の女性メンバーのKOTOさんですが同期入社の付き合っていた彼氏と結婚しちゃいました。橘が東京に来た時には是非黒霧の会に参加させようと思っていましたが新婚の若妻をセクハラ上等の黒霧の会に参加させるのはちょっと気が引けますからね。

ちょっと色々と作戦を練り直しです。

OrangeBookなど

醍醐寺の桜 2022/03/26

今回はさくらパレードの続きを書こうと思っていたのですが、今年は中止になってしまい、しかもちょっと時季外れになってしまったので、また来年のさくらパレードのころの季節のネタに回そうと思います。

代わりといっては何ですが、さくらパレードが開催される時期の一週間後あたりの醍醐寺の桜の写真を上げておきます。このお寺は京都橘の地元近く京都市伏見区にあり、豊臣秀吉が醍醐の花見という盛大な花見をやったことで有名で、その時の秀吉の書状も残っていたり、今もなお立派な桜の木が植わっていたりしてなかなか興味深いところです。

さて、ちょっと話は変わって、先日の定期演奏会の時JRさんとお話ししていたところ、JRさん作のOrangeBookをこのじじブロ避難所にのせたらどうかという話が出ました。ということで先日、OrangeBookのWord版をLineで送ってもらい、WordPressで何とか見えるように編集してみました。京都橘高校吹奏楽部の演奏曲パレード演奏曲というページにその初めの部分だけ載せてみましたので感想などをいただけると幸い。ページ上部のメニューのOrangeBookのところからも見ることができます。

ところで、JRさんこんな感じでいいんですかね。というかアカウント作りますのでJRさん自ら作っていただけたら嬉しいのですが。

上記は2019年のブルーメの丘パレードですが、今週末4/29は2022年のブルーメの丘パレードですね。昨年はコロナでスケジュールがずれていたので、この間終わったとおもったらまた次の回が来たという感じです。私は今年も参戦予定ですので、現地で見る方々、今年もどうぞよろしく。

あと、5/8はブラスエキスポ2022のようで、特に問題なければこういうイベントスケジュールを周知するため、OrangeBookとあわせてイベント予定表みたいなページを作ろうかと思っています。何かご意見があればコメントにてよろしくお願いします。

 

ババンばバンバンバン🎶はぁビバノノ〜

新年度も始まり、ブルーメやらブラエキやらが待ち遠しい今日この頃というのに……

 

昨年の別府、初生観戦させて頂き

本当〜に、ありがとうございます♡

ほぼ地元と言って過言の無い大分県で橘のステージやパレードを目にする事ができるとは…

望んではいましたけれども実現するとは夢にも思っておりませんでした。

橘の、精華や玉名や活水との友好から、九州遠征の可能性は勿論期待していた訳ですが、別府には何の関連もございませんから、別府マーチングカーニバル2020の動画はチェックしていたものの、まさか橘の参加が実現するとは!

京都界隈のイベントなど、とてもではありませんが気軽に向かえない地方民にとっては、正に神からのご褒美とも思える大イベント!

艱難辛苦を乗り越え参戦する以外に選択肢はありません!

 表立った情報源(バレバレ)ではありませんでしたが、昨秋のイベント開催に関しては、かなり早い内から耳にしており、別府に関しては確実に参加出来るように休日の確認・確保を行いました。個人的には勤務先内での異動が確定していたりと大変な時期ではありましたが、2020時のイベント情報から、現地にいる知人の中に何らかの関係者が居ないものかとチョット情報収集しては連絡を付けたりと、イベント開催の情報公開前からコソコソと動いておりました。結果としては現地関係者からの優遇は叶わず、チケット争奪戦に参戦する方向となりましたが、何とかGETなりましたので、ホッと胸を撫で下ろした次第です。

チケ争奪戦歴戦の勇士、ケセラさん、色々ご教示ありがとうございました。

 で、行き帰りの行程は毎度のバイク一般道の旅ですけれども特に支障もなく、庭先みたいなタダの田舎道ですので端折ります。

ほぼ予定通りに、会場となる別府ビーコンプラザに到着しまして記念に📸 当日の宿を確認後に、遠征組の皆様を御出迎えするために身を清めます。高校生の頃から何度も通った別府浜脇温泉に向かい、250円で穢れもバイク旅の汗とホコリもさっぱりと落としまして超リラックスタイム。(結構最近まで入浴料は60円でしたが急に値上げw)

スーパーにて購入済のパンとコーヒーで朝食の後、別府駅そばの無料駐輪場にバイクを停めたらバスターミナル(失笑)へ徒歩移動です。

そう、予定のバスに乗っておられる長女さんと、そのお供の御二方wと初の御対面www私が実はたいして若くないどころか、カナリのオッサンである事がバレた瞬間でございます。

正直、同じ橘ファンに直接会うこと自体が初の経験な上、そのお相手に超有名親子がいると思ったら激緊張してまして、ワタクシ挙動不審だったのでは?と思います。

皆様を宿泊予定のホテルまで御案内しまして、やはり観光はそっちのけで会場及びパレードコースの下見となります。少し距離は有りますが別府駅からは徒歩圏内。そこまで温泉地的な風情は無い上り坂やショートカット出来る公園を突っ切って会場到着。ホール入口周りを確認後、折角だからと数少ない別府名所のタワーに登り、別府の街を眺めます。記念写真の長女さん、可愛かったですよね♡嬉しい事に、橘生の方々も同じくタワーに登ったらしく、写真の投稿もあったりして、オッサン1人でウキウキしてました。

 さて続いては、タワーの上から眺めつつ説明させてもらったパレードコースを実際に歩いて下見と相成ります。Diablo先輩からは結構長めなコースで期待出来るとの感想を頂き、何だか我が事のように嬉しくなっていました。主催の別府の皆様ありがとう!

前年のスタート位置からゆっくりと下りになる道に沿って歩道を移動し、ゴール地点の公園正面までしっかり下見です。さすが参戦経験豊富な皆様、慣れた感じです。

……

 このあと、夜の開演まで まだまだあるのですが、無駄に長い私の観戦記、いつものネタ温存のために、一旦ここまでと致します。というか詳細を覚えて無いくらい舞い上がってました。

 ありがとう!118th!

新年度になったと言うのに、またもナカナカ完結しそうに無い予感がします。

申し訳ございませんm(_ _)m

Soar on wings final

皆さん、いよいよですね。

117期に続き新型コロナに翻弄118期、2021年12月に放映されたテレビのインタビューによれば自ら変化を望んだとか。外野では色々と意見があるのは置いといて結果として全国マーチングコンテスト金賞が取れて良かったですね。
現地に行ける方、そして配信を観られる方、思いっきり楽しみましょう。

春だからテンションアゲてこか♨

未だにパッチ2枚重ねで労働に勤しんでるホルモン屋です。

 

コロナの影響でか?・・・いっぱいイベント中止になってますが

なんのジャンジャンぶっこんできますねw

3/19 宇治 茶づな春まつり

3/21 南あわじ市 和太鼓フェスティバル

さくらがなくなったのは痛かったけど・・・まだまだ118期を観れるチャンスはあります。

宇治の京都橘高等学校吹奏楽部 他 (←ココ重要かもw未確認ですけどね♨)

自分は定期演奏会28日だけかな?仕事がロボコン状態だし(←泣)、

26日富山行くし(*^^)vまだ観覧出来るか?決まってないけど・・・

観れやんでも会場まで行くもんねw

 

ちょっとブッコミますよっと・・・

どーした橘?いきなりのグッズ販売告知に削除・・・バタバタしすぎじゃないの?

そりゃね自分としては嬉しかったですよ!車にステッカー貼るもんね(←三姉妹&かーちゃんに拒否られてますけど・・・絶対貼るもんね

٩( ''ω'' )وでもっての長女ザウルス送り迎え・・・ブゥ~ンw)

すべて織り込み済みでやったんじゃないの?某OGグループへの対抗心?旗色見る?時期が悪かった?・・・それって部員さん達に関係あるの?ブレたら駄目じゃないの?周りがしっかりしなきゃって

こっちが心配してしまいますけどね。

相変わらずあっちの世界ではイロイロありますけど・・・いち京都橘高等学校吹奏楽部ファンとしては

初めて知った時の気持ちを大切にしていきたいなーと思っています。

恐惶謹言

 

116期、117期?を接待

お疲れ様でございます。
すっかり間隔が開いてしまいましたが同じ会社の後輩女子ら(橘で言うところの116期と117期の同学年)と行った焼肉の話しです。(詳しくは21年9月投稿の格上登場、10月投稿の格上登場2をご覧ください)
我らが橘と同じマーチング強豪校卒業ほやほやの2人に焼肉という人参をぶら下げインタビューしてきました結構な費用がかかっているのでともちちさん補填お願いしますね。ちなみにお肉は添付の写真のようなお肉が食べ放題です。

では早速いってみましょう。

Q1演奏中は何を考えている?
次の出番の事

これはオービルズのインタビューでも同じ質問をしていてオービルズではほとんどの方が楽しむ事と返答されていました。

Q2ブラボーおじさんは歓迎する?
○○にもいますよ、あの人また来てるとか話題になるとの事です。きっとあの黄色い風呂桶も話題になった事でしょう笑

Q3観客がおっさんばかりはイヤですか?
特に嫌とかは思わない。
橘の客層とは明らかに違うようです。

Q4パレード中は何処を見ている?
観客見てます、友達いたとか。
きっと黄色い風呂桶も見られていた事でしょう笑

Q5座奏とマーチングどちらが好きか?
マーチング
やっぱりそうなんですね。

Q6野球の応援は楽しい?
楽しい

Q7甲子園への異動手段は?
バス
橘には縁のない事ですが相当気分が良いらしいです。橘もサッカーやバレー応援で関東までバス移動してますが遠い所から甲子園までをバス移動、楽しみが優り全然平気だそうです。恐ろしいですね。

Q8先輩、後輩は厳しい?
先輩は神
と後輩ちゃんは言っている横で先輩ちゃんは苦笑いしてました。ちなみに後輩ちゃんはパートリーダーで木管楽器を束ねる木管長だったそうです。

Q9吹部男子の彼女はほぼほぼ吹部?
そういう人もいる。
演奏中にアイコンタクトしたりとかしているらしいです。

Q10クラリネット以外にやってみたい楽器。
フルート

Q11カラーガードやれと言われたらどうですか?
イヤだ。

Q12マーチングの選曲や振付は誰がやる?
コーチ

Q13京都橘のマーチングってどう思う?
やるものでは無く見るもの。

Q14やってみたい?出来そう?
ミニスカートは無理。頑張れば出来るかなぁ、いや無理だ。

Q152人共クラリネットパートだそうだけど自分の楽器買った?
 (先輩)私は学校の。
 (後輩)私は買いました。50万円しましたが親に感謝しています。定期的にメンテナンスしないといけないのに実家に置きっぱなしだそうです。

Q16ゴメハはキツいですか。
 何ですかゴメハって?
 ゴメハって橘独特の言い方だって初めて知りました。

Q17キープはキツい。
あんな練習した事ない、キツそう。

Q18観客とハイタッチとかするの?
 やった事ないです、でも楽しそう。
以上でございます。2人とも質問にスラスラ答えつつバクバクと食べて店員さんもその食べっぷりに驚いていました。少なくとも後輩ちゃんに関しては私の正面に座っていて私が肉を焼き取り分けていたので分かるのですが私と同じ量を食べていました。木管長恐るべしです。

 

 

 

さくらパレード 前編

まだちょっと早いかもですが、京都の春の祭典、さくらパレードが近づいてきました。これは開催されれば、まず京都橘は出演するし、屋外イベントで無料なのでチケットを予約する必要もなく、ドリルやパレードを割と近い距離で見ることができますので、京都橘をまだ生で見たことのない人が、初めて見てみるのにはちょうどいいんじゃないかと思います。最近は少し混雑するのが難点ではありますが。

上記の動画は私が初めて京都橘を生で見た時のさくらパレードの交歓コンサートで、私はこの右奥の方で見ていたのですが、思った以上に動きがダイナミックで音にも迫力があって圧倒されました。動画にも映っていますが、ジャンピングハイタッチにはびっくりしました。

さくらパレードでは交歓コンサートとパレードがあって、どちらも京都市内中心部で行われます。この辺りには名所・旧跡も多く、時期も桜が咲き始めるころのいい季節で、これを見たついでに京都観光をするのもいいのではと思います。ということで、この周辺のちょっとした紹介をします。

まず、交歓コンサートが行われる御池中学校ですが、ここはただの中学校ではありません。ここはもと上京第27番組小学校、のちの柳池校といって京都が全国に先駆けて日本で最初に作った小学校だったものです。裏手に回ると"日本最初小学校 柳池校"という石碑があります。日本最初の小学生がこの辺りで勉強していたと思うとちょっと感慨深いのではないでしょうか。

柳池校跡石碑

さて、さくらパレードのパレードはまずこの御池中学校をスタートして、御池通を東進します。この御池通はただの通りですが、平安京の時代、およそ1200年前からある通りでもあります。平安時代は三条坊門小路という狭い通りで、今のように片側四車線の広い通りになったのは、第二次世界大戦で周辺家屋が疎開させられ、戦後の整備でこの道を広くしたからのようです。

この御池通、なぜ御池通と呼ばれるようになったかというと、この通りが二条城付近にある神泉苑という庭園の池の前を通っていることで、江戸時代あたりからそう呼ばれるようになったそうです。この神泉苑は平安京ができた時から存在し様々な伝説がある禁苑で、だいぶ狭くなったようですが現在も存続しています。有名な伝説ではここで東寺の空海と西寺の守敏という僧が雨乞い勝負をして、空海がインドから竜神を呼んできて京都に雨を降らせて勝利し、そのこともあってか西寺はその後衰退して滅びたという話があります。以降雨乞い場所として有名になり、元祖しずちゃんの静御前もここで雨乞いをしていた時に近くで見ていた源義経に見初められてその側室になったという話もあります。また、ここは嵯峨天皇が初めて桜の花見をしたところでもあり、日本の花見の発祥地ともいわれますので、さくらパレードの後で花見がてら行ってみるのもいいんじゃないでしょうか。

神泉苑

さて、パレードは御池通りを進み寺町通との交差点で右折し寺町通を南下します。この寺町通も平安京ができたころからある通りですが、当時は東京極大路(ひがしきょうごくおおじ)と言って平安京の東の端の通りでした。現在はこの通りは京都御所のすぐ東を通り京都の中心街に近いですが、これは京都御所や市街地の方が平安京の時代から東の方に移動してきたためです。この通りが寺町通と呼ばれるようになったのは、豊臣秀吉が京都の整備をしたときに、京都に散在する寺院を集めてこの通りの東側に移転させたことによるもので、そんなことからこの通り沿いはたくさんの寺院があります。

寺町 本能寺

パレードに従って寺町通に入ると、すぐ左手に本能寺というお寺があります。これはかの本能寺の変で明智光秀が織田信長を襲ったところの本能寺ですが、この本能寺は秀吉が本能寺の変の後にここに移築させたものであり、当時はここから西南西約1kmほどのところにありました。境内に入ると本堂の裏手あたりに信長公のお墓があります。ここで、かの戦国のスーパースター織田信長をしのんで手を合わせるのもいいかもしれません。ただ、信長公のお墓はほかにもたくさんあり、京都市内だけでも大雲院、妙心寺玉鳳院など数か所ありますが、中でも最も立派なのは秀吉が作らせた大徳寺総見院のものではないでしょうか。ここには信長公の木像も安置してあり、通常は非公開ですがたまに特別公開していますので、時期が合えば一度行ってみるといいでしょう。あと、寺町通り沿い京都御所のやや北に阿弥陀寺というお寺がありますが、ここにも信長公のお墓があり、これはここの当時の住職が本能寺の変の直後に本能寺に行って信長公やその家来たちの遺灰を拾って持ち帰りそれを弔ったものだとされています。本当かどうかわかりませんが、そうだとするとここが本当の信長公のお墓なのかもしれません。ここはだれでもはいれるお寺で私も数年前に行ってみたのですが、写真を撮り忘れてしまいました。

ところでこの本能寺、実際には本寺というちょっと変わった文字が使われています。これは本能寺が本能寺の変を含め、たびたび火災にあったため、ヒ(火)が去るようにとこういう文字を作ってあてはめたのだという説があり、本能寺のホームページにもそう書いてあります。話としては面白いですが、これはどうもデマらしく、実際はの字が刻まれた屋根瓦が本能寺の変以前の本能寺跡から出土していて、当時はこっちのの方が広く使われていて能の方こそ最近使われだした字だということのようです。

とかなんとか書いていたら、長くなってきたので次回に続くということで…

決戦‼ノギジンジャマガレ2022

ザウルス中学校吹奏楽部第38代部長の保護者兼ザウルス中学校吹奏楽部保護者会・・・未だに無役のホルモン屋です。

みなさん、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。<(_ _)>

 

2018年の正月・・・夜中に暇だったので布団の中でゴロゴロしながらviolet・impulse(←のちに甥っ子が入ります。)の動画見てて、おすすめ動画のところの”オレンジ”色の動画が目に入ってポチリました・・・。

前田さんの動画でした。

あれから早4年・・・今年度、長女ザウルスが受験する予定です(←と言っても来年2月ですが・・・過去の情報通りなら)。

橘関連で、受験情報収集・オープンキャンパス・吹部説明会等あーんど住むとこ探したり、あっもちろん吹部の応援は行ける限り行きますよw

ザウルス中吹部関連では、来週アンサンブル県大会・来月個人重奏コンテスト音撮り(←中吹連・・・いつもと違う団体です。)・新年度になると吹コンに向けてダッシュw

毎年いろいろあって疲れる?(←歳とった?)けど、今年はちょーすーぱーウルトラハードな1年になりそうです。

 

1/23 フィールドアート・・・別件用事あり(←某楽器に行きます。)

2/6   ビックバンドフェスティバル・・・仕事かも?無かってもたぶんオンライン(←チケットぴあ・あります)。

3/20 サクラパレード・・・絶対行く‼

3/28 定期演奏会・・・何がなんでも行く‼

※コロナウイルス(←特にオミクロンさん)さんへ、わかっとるやろな!(怒)大人しくしとるんやで!

 

みなさんへのお願い

今年1年かけてクラブでの練習用Tシャツを作ろうとしています(←よく動画でみるやつ・・・酒POWERとかw)。

入学して吹部入れたらですけど♨

ぢぢブロの想い・みなさんの京都橘高等学校吹奏楽部への想い・願いを感じながらやっていきたいそうです。

なのでサインを頂きたいと思っています(←若干名強制ですがwサインの練習しといてね❤)。

いきなりなにかのイベントでお声掛けするかもですが、宜しくお願い致します。

仮に入学出来なかっても苦情等受け付けませんのであしからず・・・(←その場合我が家に飾っておきますw。)

あっ未だに”蟹漁”に出かけたままのボッタクリ商事社主さん・・・ミテマスカー?

 

「当然ながら”強制”です。」

 

 

 

 

不審者、都大路を走る!

さあ、京都最終日です!

早朝から帰路に着く予定が

マルっと白紙になりましたので

全くの無計画。いやぁ、いつもの事ですね。

 

朝をゆっくり出来たので、身支度にチェックアウトも済ませたら、早速の出発。先ずは徒歩では時間とるので避けていた桃山城へ。ところが駐車場も合わせて休業日なので入るも叶わず、フェンス越しに見学〜wブラタモリで見たお城裏側の地形を確認しつつ、即移動。バイク乗り付けで二度目の乃木神社参拝を済ませ、橘校舎に別れを告げて京都市内方面に進みます。宇治方面は時間的に足りなさそうなので、次回に期待です。

 ナビ無しですが、地図の記憶を頼りに道路標識見つつ八坂神社方向へ。コロナ禍でなければ車も人も、もっと多かったと思われますが、比較的スムーズに進めました。八坂神社前は流石に人が多かったですね。で、目的地はと申しますと嬢blogで目にしてましたマルシン飯店さんの天津丼。昨日から餃子まみれw流石の京都です。比較的街中ということもあり、バイクも路上駐輪を避けたいなと考えていると、あるではないですか!素敵な巡礼地が!そう、ロームシアター京都です。きっと駐輪場が設置されていると信じ春日大社警備のお巡りさんに場所確認。意外にショボイ駐輪場に止め、張り切って徒歩にて真っ直ぐお店を目指すも…年末年始休業やんけ!肩をガックシと踵まで落としながらロームに戻り、小腹満たしにコンビニ利用の後、扉の閉まったシアターを外部から中を伺う超不審者行動の実践wwwザウルス三姉妹もくつろいでいたテラス席はオッサン1人にはハードル高し。シアター裏の喫煙所にて地元民のオッチャンとコロナ談義をしたあとは、あの短距離パレード開催地の大きな鳥居の参道へと行ってみたいと思いました。が、流石に初詣客で密状態なので避けて遠目に観つつ、次の目的地の検討です。ちゃんとした食事してから京都を離れようと思ってましたのですが、嬢御推薦のローム近辺のお店は人気店みたいで混雑しまくりな上に、やはりオッサン1人旅にはハードル高いので回避を決定。たいへん不審者らしい見学地を2箇所(コレはナイショ)を経由して昼食へと向かうこととしました。御所の南側、丸太町通を西進し堀川通で南へ転進、二条城前を通過。あぁ、丸太町の交差点付近には寄りたい場所も有りましたが今回はスルーで。出張時に営業さん運転の車で走ったコースも、結構覚えてるモンですねぇ。京都観光ならまだまだ見所多い中京区・下京区をノンビリ南へと。でも不審者としては、あの辺も行ってみたい〜と言うような地域が多くてフサフサの後ろ髪を引かれつつ、内緒の目的地へ。郊外なので付近に民家も殆ど無く、京都とは思えない人気の無さです。バイクも停め放題なので暫し妄想に耽る私wそして再始動後には…何やかんやで大手筋に戻って来てしまいましたwお昼ご飯の狙いは、そう「かつくら」さんです。貧乏旅行とはいえ、チョットはエェもん食べたいやないですか!区役所の駐輪場を利用し、再び来たぜ大手筋商店街〜🎶嬢も納得のロースカツでご飯とキャベツと味噌汁もガッツリ頂きました。美味し〜い♡上品系なトンカツってとこでしょうか。どちらかと言えばワイルド系なトンカツ屋さんばかり行ってる者には、お店もカツも何か特別なものを体験出来た気になれました。ご馳走様でした。

 心もお腹も満たされたところで、京都・伏見にもお別れです。フェリーでの夕食と翌朝の朝食を買い込んで、初めて通る京都〜大阪南港までの高速道路の道順を確認。…準備は整いました。

 また来るぜ!いつ来れるかワカランけどw

とボヤッとした決意を胸に出発進行〜!

〜で南港到着〜www

大阪の都市高速を運転するのは怖い怖いw道順間違え無いようにするのと周りの運転にドキドキしっぱなしでした。丸善インテックアリーナなんて探す余裕もありませんわ。

 とりあえず、トラブル無く乗船出来まして、翌朝には地元北九州着です。

 行き当たりばったりで、ロマンスのカケラも無い一人旅でございました。でも最上の目的である橘高校を直接目にする事ができましたので、達成感はありました。当時は別府公演を観戦出来るなど夢にも思っておりませんでしたので、何時になれば生徒さん達を直に観戦・応援出来るのやらという寂しさを感じてはいましたが…。長女さんのデビュー(の近辺?)にはまた必ず関西まで来るぜ!と決意を新たに離れゆく大阪の街明かりを船上からしばらく眺めていたのでした。

おしまい

 ネタを引っ張り続け、ただダラダラと引き伸ばした個人旅行記をここまで目を通して頂きまして本当にありがとうございます。駄文、お恥ずかしい限りですが、少しでも橘絡めたら怒られないかなぁ〜なんて甘えたスタンスで投稿させて頂きました。手持ちの橘ネタなど皆無な九州人を憐れに思って、生暖かい目で見守って頂けますと幸甚です。次は別府ネタしか手持ちはありませんが、コレなら単なる個人旅行記ではありませんので、私の初の生橘体験の喜びをお伝え出来るように精進いたす所存です。みなさま諦観の境地でお付き合いをよろしくお願いいたします。

We Are O-VILS Vol.1 ライブレポート

去る12月4日土曜、京都テルサホールにて行われたWe Are O-VILS Vol.1ライブにこっそりと行ってきましたので、少しそのレポートをいたします。(出演者の敬称を略します)

上の画像は開演約40分くらい前の京都テルサホールの外観で、なんだかひっそりとしているのでもしかして観客がすごく少ないのかと思ってやや緊張しながら会場に向かいました。内部の撮影は禁止されていたので会場内部の画像はありませんが、入場してみると感染対策で席は間引きしてあるものの、キャパ最大800人程度の会場で一席置きの配置で約400名ほどが入っていて、けっこう盛況でした。外観がひっそりしていたのは、今回は入場手続きがスムーズで全員が速やかに会場に入場できていたからのようです。客層は相変わらず中高年男性が多めですが、以前よりは若い男性、若い女性の客がふえてきているように見えました。

さてほぼ定刻通りに橘テンションから始まったステージですが、今回はゆいなの叩くドラムに合わせてメンバー紹介からのスタートでした。今回の目玉はライちゃのショルダーキーボードでの参加でしょうか。ライちゃはやや緊張気味のようにも見えましたが、ちゃんとステップを踏んで楽しそうに演奏していました。ただ電子楽器に慣れていないのか、自分の音がよく聞き取れていないようでややぎこちないところも見えました。パーカスはこの二人に加えてちっぴのみで、ちっぴはいつも通りパワー全開で満面の笑顔で演奏・ダンスをしていましたが、るいやこまれは土曜の部は休場だったようでちょっと残念。あとサックスはみどりをはじめとしてバリトンからテナー、アルト、ソプラノまでそろえた5人でけっこう充実しています。またカラーガードもあやか、まふらん、みつきなど5人に増えていて、ダンスもキレを増していて迫力十分でした。ちょっと気になったのはクラリネットのゆいの欠場で、日曜の部にも出なかったようなので辞めてしまったのかもしれません。あとはトランペットが二人でトロンボーンが一人で、日曜の部ではこれにそれぞれもう一人づつ増えるようで、金管楽器も厚みを増してきた感じです。

演奏した曲としては、Fire ball, TRIESTEZA, You can’t stop the beat, Sing Sins Singなど、橘114-116期で良くやっていた曲に加えて、Uptown Funk, Livin’ la Vida Loca, Isn't she lovely, 渚のシンドバッド, Jump in the lineなどたぶんO-vilsで初めて演奏する曲なども増えてきていました。個人的にはやっぱり一番まとまっていて迫力があったのはSing Sing Singですが、Livin’ la Vida Locaはノリもよくよかったですね。郷ひろみが歌っていたもののイメージが強いですがそれよりはよかったような。あと、渚のシンドバッドよりは勝手にシンドバッドの方をやってほしかったかな。White ChristmasやAmaging Graceなどスローな曲も演奏していましたが、バンドとしての演奏ではなく一部の楽器のみの演奏でした。バンドとしてスローな曲も演奏できるようになればいいんじゃないかと思われました。

総じてなかなか良い出来だったと思いますが、私が感じた問題点としては、まず力のあるパーカッション奏者が何人もいるのにそれを生かしきれてないように思えました。ゆいなだけではなく、ちっぴやこまれやるいやライちゃのドラムも聞いてみたいし、打楽器がもっとあってもいいようにも思えます。あとはやはり踊らないギターとベースはちょっと違和感を感じます。踊らないエレキギターは、特に演奏の邪魔をしているというわけではないですが、音的にもリズム的にもビジュアル的にも必要がないように思えます。ベースに関してはスーザの音をかき消してしまっているのと、踊らないところが気になります。ゆるモワ!かるいがベースに回って踊るベーシストになるとか、踊るスーザを増やして踊らないベースをなくすといいんじゃないかなどと妄想してしまいます。

とこんなところで。今週末は京都検定の試験があり準備に忙しいのでちょっと早めに投稿します。次はケセラさんよろしく。