決戦‼ノギジンジャマガレ2022

ザウルス中学校吹奏楽部第38代部長の保護者兼ザウルス中学校吹奏楽部保護者会・・・未だに無役のホルモン屋です。

みなさん、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。<(_ _)>

 

2018年の正月・・・夜中に暇だったので布団の中でゴロゴロしながらviolet・impulse(←のちに甥っ子が入ります。)の動画見てて、おすすめ動画のところの”オレンジ”色の動画が目に入ってポチリました・・・。

前田さんの動画でした。

あれから早4年・・・今年度、長女ザウルスが受験する予定です(←と言っても来年2月ですが・・・過去の情報通りなら)。

橘関連で、受験情報収集・オープンキャンパス・吹部説明会等あーんど住むとこ探したり、あっもちろん吹部の応援は行ける限り行きますよw

ザウルス中吹部関連では、来週アンサンブル県大会・来月個人重奏コンテスト音撮り(←中吹連・・・いつもと違う団体です。)・新年度になると吹コンに向けてダッシュw

毎年いろいろあって疲れる?(←歳とった?)けど、今年はちょーすーぱーウルトラハードな1年になりそうです。

 

1/23 フィールドアート・・・別件用事あり(←某楽器に行きます。)

2/6   ビックバンドフェスティバル・・・仕事かも?無かってもたぶんオンライン(←チケットぴあ・あります)。

3/20 サクラパレード・・・絶対行く‼

3/28 定期演奏会・・・何がなんでも行く‼

※コロナウイルス(←特にオミクロンさん)さんへ、わかっとるやろな!(怒)大人しくしとるんやで!

 

みなさんへのお願い

今年1年かけてクラブでの練習用Tシャツを作ろうとしています(←よく動画でみるやつ・・・酒POWERとかw)。

入学して吹部入れたらですけど♨

ぢぢブロの想い・みなさんの京都橘高等学校吹奏楽部への想い・願いを感じながらやっていきたいそうです。

なのでサインを頂きたいと思っています(←若干名強制ですがwサインの練習しといてね❤)。

いきなりなにかのイベントでお声掛けするかもですが、宜しくお願い致します。

仮に入学出来なかっても苦情等受け付けませんのであしからず・・・(←その場合我が家に飾っておきますw。)

あっ未だに”蟹漁”に出かけたままのボッタクリ商事社主さん・・・ミテマスカー?

 

「当然ながら”強制”です。」

 

 

 

 

不審者、都大路を走る!

さあ、京都最終日です!

早朝から帰路に着く予定が

マルっと白紙になりましたので

全くの無計画。いやぁ、いつもの事ですね。

 

朝をゆっくり出来たので、身支度にチェックアウトも済ませたら、早速の出発。先ずは徒歩では時間とるので避けていた桃山城へ。ところが駐車場も合わせて休業日なので入るも叶わず、フェンス越しに見学〜wブラタモリで見たお城裏側の地形を確認しつつ、即移動。バイク乗り付けで二度目の乃木神社参拝を済ませ、橘校舎に別れを告げて京都市内方面に進みます。宇治方面は時間的に足りなさそうなので、次回に期待です。

 ナビ無しですが、地図の記憶を頼りに道路標識見つつ八坂神社方向へ。コロナ禍でなければ車も人も、もっと多かったと思われますが、比較的スムーズに進めました。八坂神社前は流石に人が多かったですね。で、目的地はと申しますと嬢blogで目にしてましたマルシン飯店さんの天津丼。昨日から餃子まみれw流石の京都です。比較的街中ということもあり、バイクも路上駐輪を避けたいなと考えていると、あるではないですか!素敵な巡礼地が!そう、ロームシアター京都です。きっと駐輪場が設置されていると信じ春日大社警備のお巡りさんに場所確認。意外にショボイ駐輪場に止め、張り切って徒歩にて真っ直ぐお店を目指すも…年末年始休業やんけ!肩をガックシと踵まで落としながらロームに戻り、小腹満たしにコンビニ利用の後、扉の閉まったシアターを外部から中を伺う超不審者行動の実践wwwザウルス三姉妹もくつろいでいたテラス席はオッサン1人にはハードル高し。シアター裏の喫煙所にて地元民のオッチャンとコロナ談義をしたあとは、あの短距離パレード開催地の大きな鳥居の参道へと行ってみたいと思いました。が、流石に初詣客で密状態なので避けて遠目に観つつ、次の目的地の検討です。ちゃんとした食事してから京都を離れようと思ってましたのですが、嬢御推薦のローム近辺のお店は人気店みたいで混雑しまくりな上に、やはりオッサン1人旅にはハードル高いので回避を決定。たいへん不審者らしい見学地を2箇所(コレはナイショ)を経由して昼食へと向かうこととしました。御所の南側、丸太町通を西進し堀川通で南へ転進、二条城前を通過。あぁ、丸太町の交差点付近には寄りたい場所も有りましたが今回はスルーで。出張時に営業さん運転の車で走ったコースも、結構覚えてるモンですねぇ。京都観光ならまだまだ見所多い中京区・下京区をノンビリ南へと。でも不審者としては、あの辺も行ってみたい〜と言うような地域が多くてフサフサの後ろ髪を引かれつつ、内緒の目的地へ。郊外なので付近に民家も殆ど無く、京都とは思えない人気の無さです。バイクも停め放題なので暫し妄想に耽る私wそして再始動後には…何やかんやで大手筋に戻って来てしまいましたwお昼ご飯の狙いは、そう「かつくら」さんです。貧乏旅行とはいえ、チョットはエェもん食べたいやないですか!区役所の駐輪場を利用し、再び来たぜ大手筋商店街〜🎶嬢も納得のロースカツでご飯とキャベツと味噌汁もガッツリ頂きました。美味し〜い♡上品系なトンカツってとこでしょうか。どちらかと言えばワイルド系なトンカツ屋さんばかり行ってる者には、お店もカツも何か特別なものを体験出来た気になれました。ご馳走様でした。

 心もお腹も満たされたところで、京都・伏見にもお別れです。フェリーでの夕食と翌朝の朝食を買い込んで、初めて通る京都〜大阪南港までの高速道路の道順を確認。…準備は整いました。

 また来るぜ!いつ来れるかワカランけどw

とボヤッとした決意を胸に出発進行〜!

〜で南港到着〜www

大阪の都市高速を運転するのは怖い怖いw道順間違え無いようにするのと周りの運転にドキドキしっぱなしでした。丸善インテックアリーナなんて探す余裕もありませんわ。

 とりあえず、トラブル無く乗船出来まして、翌朝には地元北九州着です。

 行き当たりばったりで、ロマンスのカケラも無い一人旅でございました。でも最上の目的である橘高校を直接目にする事ができましたので、達成感はありました。当時は別府公演を観戦出来るなど夢にも思っておりませんでしたので、何時になれば生徒さん達を直に観戦・応援出来るのやらという寂しさを感じてはいましたが…。長女さんのデビュー(の近辺?)にはまた必ず関西まで来るぜ!と決意を新たに離れゆく大阪の街明かりを船上からしばらく眺めていたのでした。

おしまい

 ネタを引っ張り続け、ただダラダラと引き伸ばした個人旅行記をここまで目を通して頂きまして本当にありがとうございます。駄文、お恥ずかしい限りですが、少しでも橘絡めたら怒られないかなぁ〜なんて甘えたスタンスで投稿させて頂きました。手持ちの橘ネタなど皆無な九州人を憐れに思って、生暖かい目で見守って頂けますと幸甚です。次は別府ネタしか手持ちはありませんが、コレなら単なる個人旅行記ではありませんので、私の初の生橘体験の喜びをお伝え出来るように精進いたす所存です。みなさま諦観の境地でお付き合いをよろしくお願いいたします。

We Are O-VILS Vol.1 ライブレポート

去る12月4日土曜、京都テルサホールにて行われたWe Are O-VILS Vol.1ライブにこっそりと行ってきましたので、少しそのレポートをいたします。(出演者の敬称を略します)

上の画像は開演約40分くらい前の京都テルサホールの外観で、なんだかひっそりとしているのでもしかして観客がすごく少ないのかと思ってやや緊張しながら会場に向かいました。内部の撮影は禁止されていたので会場内部の画像はありませんが、入場してみると感染対策で席は間引きしてあるものの、キャパ最大800人程度の会場で一席置きの配置で約400名ほどが入っていて、けっこう盛況でした。外観がひっそりしていたのは、今回は入場手続きがスムーズで全員が速やかに会場に入場できていたからのようです。客層は相変わらず中高年男性が多めですが、以前よりは若い男性、若い女性の客がふえてきているように見えました。

さてほぼ定刻通りに橘テンションから始まったステージですが、今回はゆいなの叩くドラムに合わせてメンバー紹介からのスタートでした。今回の目玉はライちゃのショルダーキーボードでの参加でしょうか。ライちゃはやや緊張気味のようにも見えましたが、ちゃんとステップを踏んで楽しそうに演奏していました。ただ電子楽器に慣れていないのか、自分の音がよく聞き取れていないようでややぎこちないところも見えました。パーカスはこの二人に加えてちっぴのみで、ちっぴはいつも通りパワー全開で満面の笑顔で演奏・ダンスをしていましたが、るいやこまれは土曜の部は休場だったようでちょっと残念。あとサックスはみどりをはじめとしてバリトンからテナー、アルト、ソプラノまでそろえた5人でけっこう充実しています。またカラーガードもあやか、まふらん、みつきなど5人に増えていて、ダンスもキレを増していて迫力十分でした。ちょっと気になったのはクラリネットのゆいの欠場で、日曜の部にも出なかったようなので辞めてしまったのかもしれません。あとはトランペットが二人でトロンボーンが一人で、日曜の部ではこれにそれぞれもう一人づつ増えるようで、金管楽器も厚みを増してきた感じです。

演奏した曲としては、Fire ball, TRIESTEZA, You can’t stop the beat, Sing Sins Singなど、橘114-116期で良くやっていた曲に加えて、Uptown Funk, Livin’ la Vida Loca, Isn't she lovely, 渚のシンドバッド, Jump in the lineなどたぶんO-vilsで初めて演奏する曲なども増えてきていました。個人的にはやっぱり一番まとまっていて迫力があったのはSing Sing Singですが、Livin’ la Vida Locaはノリもよくよかったですね。郷ひろみが歌っていたもののイメージが強いですがそれよりはよかったような。あと、渚のシンドバッドよりは勝手にシンドバッドの方をやってほしかったかな。White ChristmasやAmaging Graceなどスローな曲も演奏していましたが、バンドとしての演奏ではなく一部の楽器のみの演奏でした。バンドとしてスローな曲も演奏できるようになればいいんじゃないかと思われました。

総じてなかなか良い出来だったと思いますが、私が感じた問題点としては、まず力のあるパーカッション奏者が何人もいるのにそれを生かしきれてないように思えました。ゆいなだけではなく、ちっぴやこまれやるいやライちゃのドラムも聞いてみたいし、打楽器がもっとあってもいいようにも思えます。あとはやはり踊らないギターとベースはちょっと違和感を感じます。踊らないエレキギターは、特に演奏の邪魔をしているというわけではないですが、音的にもリズム的にもビジュアル的にも必要がないように思えます。ベースに関してはスーザの音をかき消してしまっているのと、踊らないところが気になります。ゆるモワ!かるいがベースに回って踊るベーシストになるとか、踊るスーザを増やして踊らないベースをなくすといいんじゃないかなどと妄想してしまいます。

とこんなところで。今週末は京都検定の試験があり準備に忙しいのでちょっと早めに投稿します。次はケセラさんよろしく。

人生おおまか

予定なんて有って無きようなものですわ。

別府観戦記が既に旬を過ぎかけているようなこの時期に、さらに1年近く前になる伏見訪問の続きでございますm(_ _)m

ネタバレされ過ぎて新鮮味もなんも有りませんけど。御付き合い頂ければ、ワタシの橘ネタ不足にも対応出来ますので大変に助かります。

さてさて

当時目にしていた方もいらっしゃるかもですが、元旦からポツポツとジゼ嬢のblogコメント欄に、今何処に居るとは明記せずに、お散歩状況などを投稿していたのですよ。

素知らぬフリして、あけおめコメントw

小雪交じりだとか、住宅街歩いてるとか?鯛焼き買うたとか。普通に地元で過ごしている正月の風景として。流石にバレてない感触w ヨシヨシ

でも折角の大手筋まで来てるんですので、どうせなら地元民のオススメ店で夕食としたくなった私。amebloのDMにて、ジゼ嬢に伏見滞在中を自らバラしましたw

アホやな〜的に何か笑われた返信を頂きましたが、有難くも何軒かご紹介ありましたので、何だかんだと迷いつつも下見済の開いてるお店に向かいました。何か途中で嬢配下の妹さんに既に目撃されとったようですが、よく見分けたもんですね。そんなに九州男児な外見してないと自負してるのですけど。

で、入店したのが「餃子ノ酒場いっちゃん」

酒飲めへんっちゅ〜にw

昼も大中で餃子を食べたっちゅ〜にw

夜も餃子だよw

おひとり様なのでカウンターにて嬢オススメの肉豆腐半熟卵入りや餃子で白ご飯を食べる完全なお食事利用。奥のテーブル席では若者グループが非常〜に楽しそうに飲んで騒いでと盛り上がってましたが、下戸の私はジンジャーエールで水分補給。食事中にも京都御案内おもてなし意識の高い嬢から、その他色々な見所紹介メールも来てたのですが、そのなかに、一人旅満喫のサビシいオジサンを偵察しに妹さんの1人が大手筋まで来るとか来ないとかの怖いお知らせがあり、身と財布の危険wを感じた私は早々に退店してコンビニへ避難ー!怖い怖い〜!!宿での夜の飲み物や朝食など購入です。そのコンビニ内で、どこかで見覚えのある若い女性客がいましたが、見間違えでしょうw

 後日に嬢紹介のマーコさん動画で大手筋の復習をする事になるのですが、どうせ餃子食べるなら「ぎょうざの富士」に入っとけば定食もたべられたなぁ〜と後悔することになりました。当日その場で感じた営業している富士の暖簾が下がった入口は、何だか所謂一見さんお断りな京都文化を想起する狭い餃子専門店てな雰囲気だったのですよ、ヨソモノ視点では。下調べって重要ですねぇ。次があれば絶対富士にチャレンジです!

閑話休題

 宿に戻るも、嬢からの沢山の京都案内に、明日早朝の帰路への出発がとても勿体なく感じてきていた私。往路の時間やガソリン代、最悪の事態の帰路途中の予定外宿泊などなどを計算し、財布と相談の上でネット検索してみた結果、翌日夕方の大阪南港発のフェリーで帰っても、翌々日の早朝には自宅ですので時間的に大差ない上に出費もトントン。そして、最重要項目「寒くない!」BESTぢゃないですか!

同様に嬢もフェリー利用を思いついてたらしくメールで提案してきました。コレなら翌日、それなりに京都廻れるやん♡やリィ〜!早々に決定して予約実行。行き当たりばったりな旅故に、少し予想外な出費ですけど、バイクで都大路を気ままに回れる魅力には負けました。

さぁ!翌日は伏見以外?の京都見物です!

 

ってな訳で、ネタ温存も続かせて貰おうとの姑息な考えですが、正直次回は別府ネタでもやりたい気もします。別府参戦組の皆様に御迷惑かけない個人的行動のみでなら大丈夫ですかね?合流後の行動等は非公開の方が良いかなぁ?と考えてます。御意見コメント頂けますと幸いですm(_ _)m

橘色に染められて

今日、午後に起きてからお客さん2名(←バラバラ)、仕事関係のTEL、私用TEL等・・・用事がいっぱい♨(←一応いいわけですけどねw)

考えてた投稿文は諦めましたorz・・・だって時間ない♨

 

フィールドアート2022への出演決定しましたね。12月11日㈯発売・・・詳しくはWebで

年内は豊岡と名古屋ですかね。豊岡は長女ザウルス演奏会の関係で行けないけど、名古屋は参戦予定です(←小耳情報1:センチュリーホールいい会場らしいので楽しみにしているとの事)。

名古屋でぢぢブロメンバーの皆さんとの再会も楽しみにしております(←終わってからが本番かw)。

翌日にDiablo家訪問ツアーを予定しておりますm(__)m 年末年始休暇突入でお暇な方(←某1名予約が入っておりますw)・・・参加お待ちしております。

 

京都橘高等学校吹奏楽部・・・マーチングコンテスト全国金賞おめでとうございます!

橘ファン界隈では愛憎相半ばするコメントがあるみたいですけど・・・自分的には良かったとおもいます。伝統復活か⁈

経験伝承はいい事なんじゃないかと・・・。橘は勝つ‼批判を恐れず我が道を行く・・・ですね(←どーでも情報1:直接伝える事ができました←誰にw)。

 

我が家ではアンサンブルコンテストに向けて驀進中でございます。5/190(地方大会)に入る為・・・親は大変ですね(←体育会系か⁈ってぐらい←かーちゃんですけどね♨)

緊急投稿 ゴールド金賞おめでとう京都橘

我らが京都橘ゴールド金賞おめでとうございます。やれ音がとか、隊列がとか、審査員がとか言われる方もいらっしゃいますが、私的には生徒達が今まで努力した成果を悔いのない演奏演技をし、楽しんだのであればそれで良かったのではと思います。diablo家の長女が本格的に部活としての吹奏楽をやるようになりその保護者としての苦悩を聞いたり、また会社の同僚にいる強豪校のOGと接し、そこにはそれぞれのドラマがあり、京都橘は幸いにも金賞を受賞出来て良かったけどそうじゃなかった学校もあり、、、とりあえずは皆んな頑張ったね、お疲れ様と言ってあげたい。

 

マーチング・カーニバル in 別府

去る10/30-10/31に開催されたマーチング・カーニバル in 別府2021に出かけてきましたので、その感想などを。

まずここ四国松山から別府に行くのに、なんとなく直行便の飛行機で近くの空港まで行ってそこからバスかなと考えて、福岡空港経由で高速バスで別府まで行ったのですが、これが便数も少なく結構時間も費用もかかります。後で調べると、実は松山から札幌に行くより時間も費用もかかっていることがわかって愕然としました。よく調べたら、八幡浜から別府への直行フェリーを使うと、時間は飛行機・バス便とほとんど変わらず便数も多く半額以下で行けたことがわかってさらにショックです。そんな海峡を挟んで隣の県なのに、実質ロシア領より遠い別府ですが、その昔は船で何度か行ったことがあって、温泉が多い観光地だということは知っていました。鉄輪(かんなわ)温泉の地獄めぐりなどは、周辺県の人ならたぶんみんな一度は行ったことがあると思います。

さて高速バスは別府北浜バスターミナルに到着するのですが、そこの周辺は温泉付きホテルが多いし、マーチング・カーニバル会場のビーコンプラザまで、2km弱なので散歩がてら歩いて行ってもいいかと思って、別府北浜に宿をとったのですが、これも失敗でした。実は別府北浜からビーコンプラザにかけてはちょっとした上り坂になっていて、下見や荷物の預かりなどで何度も往復するのは結構ハードです。皆様、来年もあればその時は別府駅近のホテルを利用することをお勧めします。

イベントスケジュールは
10/30 19:00 京都橘 MARCHING NIGHT
10/31 11:00 オープニングパレード
10/31 13:00 マーチング・カーニバル
となっているので、10/30 17:30くらいに会場へ向かって宿を出ます。会場までの上り坂は大変ですが、近くまで行けばグローバルタワーという長女ザウルスさんものぼった塔が目印になるので、迷うことはありません。ちなみに別府民は高いところが好きなのか、別府タワーという札幌テレビ塔や東京タワーと同時期に作られた高さ100mくらいの塔も別府北浜にあり、塔は古びているものの登れば眺めはよいそうです。

さて会場であるビーコンプラザで、ぢぢブロメンバーと出会い、京都橘MARCHING NIGHTを鑑賞することになるのですが、多分2,500人くらいの人が詰めかけていて、スタッフが慣れていないのか入場券のもぎりに手間取り大行列ができてしまっていたのはご愛敬でした。京都橘MARCHING NIGHTは前半のコンサートステージと後半のマーチングステージの2部構成になっていて、前半はクラシック系のちょっと難解な曲、後半は竜とそばかすの姫の曲も含めたポピュラーな曲でした。音はきれいでしたが、コンサート用のホールではないのか反響がおおきくちょっと聞きづらいところもありました。全体的に兼城先生の影響かおとなしめな曲が多かったですが、最後のSingはいつもの京都橘でパワーあふれるものでした。詳細な解説は最前列のかぶりつきで見ていたケセラさんにお譲りします。

それから久しぶりのぢぢブロ飲み会ですが、今回はいつもの関東、東海、四国勢に加えて九州勢の軍人と変人?が参加でにぎやかなものになりました。飲み会はぢぢブロメンバーならだれでも参加可能ですが、皆さんほとんどザルのように底なしに飲むので、今後初参加する方はご注意を。ただ特に酒乱の気のある人はなく楽しい酒ですのでご安心を。

さて、翌日10/31 11:00からは、グローバルタワー前から参加各団体のオープニングパレードです。京都橘は大トリでしたが、このパレードはこれぞ京都橘といえる素晴らしい出来でした。選曲も面白いし、楽器の音色もいいし、振り付けも今までにも増して複雑で華麗なもので見ていて楽しめました。

また今回の初めての試みだと思いますがハロウィーンということで、ほとんどのメンバーがやや控えめな仮装をしていて面白かったです。悪魔の角やしっぽ、魔女の帽子、ケモミミが多かったですが、幾人かのスーザやトランペットのメンバーはたぶん伏見稲荷のキツネのお面をつけていて、さりげなく京都伏見をアピールしているようでほほえましかったです。カラーガードのケモミミはたぶん頭の上で振り回す旗に当たらないように寝た耳をつけて工夫していたようですが、それでも途中で耳に旗を当てて飛ばしている娘がいて笑ってしまいました。

今回の新曲はHand clap, This is Halloween, Bluesky carnivalだと思います。これらは曲もいいですが振り付けが斬新で面白かったです。ブルーメの丘でパレードを見ていた時に、演奏中にみんながいきなりゾンビウォークを始めたので、ぎょっとしてこの人たちはいったい何を始めたのかと思いましたが、このハロウィーンのパレードのための仕込みだったとは。Bluesky carnivalもアップテンポな楽しい曲ですが、これをバリトンサックスやバスクラを吹くプレーヤーを含めてジャンプを加えたダンスをしながら、行進と演奏をするというのはもう京都橘にしかできないでしょう。あと、スネアの一人は重いスネアをふりまわしてダンスしながら、アゴゴベルでサンバっぽい難しそうなリズムを正確かつ高速にたたいていましたが、吹奏楽のパーカッションってあんなことが普通にできるものなのでしょうか。

ちょっと気になったのはマルチタムのプレーヤーがステップをあまり踏んでなく元気がなかったようにみえたことくらいでしょうか。どこか故障中なのでしょうか。もしそうならマーコンまでに治るといいのですが。あと、ホルン隊の音がちょっと不安定に聞こえたのですが皆さんはどう感じたでしょうか。

私は旅程の計画不備でこれ以上いたら飛行機の最終便に間に合わなくなるので、オープニングパレードの途中で別府を離れてそれ以降の演技を見ることができませんでした。その後のマーチング・カーニバルでの演技についてはもしかしたらだれか他の方がレポートしてくれるかも。

ということで、長くなりましたが、次はケセラさんお願いします。

冬の散歩道

投稿頻度維持優先の方針でw

ネタ温存出来て助かってます。橘情報なんて地方の情弱には皆無ですからね〜。別府ネタでは被り物でやらかした話が中心ですし、別府来訪するお歴々の顔ブレからは、私の珍道中よりも…ねぇw

ではでは京都編の続きの始まり〜。

ゆっくり歩いて坂道を下ります。跨線橋が段々と近くなってこの旅のゴールが間近なことへの複雑な感情を伴って更に歩みが遅くなり…

立ち止まり…

左手に向き直った私の視界に様ご存知の掲示板と小ちゃな看板が入ります。

はぁ〜、とうとう直接に目にする事が叶ったよ〜〜〜!遥か遠く細道の奥には、誰そが悪さした門扉がチラ見えw今回の一人旅の大目標に到着です。もちろん、ここより中へは進むツモリは旅行計画時点から御座いません。ホントに、この位置が旅の終着点。………写真だけは撮らせて頂きました 。

m(_ _)m

とは言え、ずっとココにいたりしますと年の初めから伏見署の方々と仲良くお雑煮なんかたべられるようなオメでたい展開になりそうですので、感慨深さもソコソコに、跨線橋から鉄道線路を眺めてみたりと偽装工作を行う私w

不審者感MAXです。  

京都橘のファンになってから、それなりの年月を過ぎたわけですけど、ヤットここまで来ましたよ。色々思うことはございましたが、長居はできませんので、遠く校舎の一部を目にしながら跨線橋を渡り、住宅街の細い坂道を下ったのでした。

後は単純に伏見観光なのですが、おっと桃山南口の駅方面を忘れてはいけませんイケマセン!ソコソコな交通量となった県道7号線を一路東へ。自転車置き場があるという学校の入口を、通りすがりの一般人を装いながら眺めて通り過ぎ、駅まで向ってコンビニにて小休止。生徒さん達にも利用者が居るのだろうか?と思いながらも飲物購入。さて、ここからはどないしょ?

普段から単独行動好きな私。何の観光資源もない住宅街なぞをフラフラい歩くのは良くやってるなんて事は前投稿でも暴露済でしたね。駅から南下し山科川を越え、平坦な住宅街をプラプラ。この辺りで小雪舞い散る空模様となってました。さすがにもう戻るかな?と、ひたすら徒歩移動で大手筋方面に歩みを進めます。寒い〜w 歩きでの発汗が冷えに繋がり、チトやばいと感じつつも車では入り込めない細い路地を敢えて選んで探検しますと、スマホには伏見と言えばココでしょう的な観光スポットが現れて来ました。下戸には用の無い酒蔵のオンパレードや、龍馬ゆかりの地などなど。歴史もそれなりに興味と知識はありますので、こんな機会に史跡を見て回れるとは。さすが京都、普通の観光客気分になれますね。九州の田舎町とはちがいます。

観光・商業地として元旦でも賑やかになってる大手筋まで戻ってきて、早い時間ではありますが、今夜の食事は何処にしようか?と正月から営業しているお店を物色。翌日にはまた九州に向けて出発ですから、はよ食べて、はよ寝んとイカン。小腹も空いたので「おやつ村」にて鯛焼きを2つw購入し、商店街の飲食店(嬢blogで目にしてた店を中心に)の営業状況を確認しつつ、一旦宿へと戻りました。ちと、歩き疲れましたし。

だいたい計画通りに京都橘のお膝元を堪能できまして、大きな満足感にひたっておりました。さて、予算的にも余裕は無いし、京都観光は回り出したら行きたいトコロや食べたいモノが多過ぎですので、今回は眼中にありません。後は帰路の天候だけだわ〜とか考えてたのですが、チョイとイタズラ心も湧いてきたので…と続きは、またの機会にw

さぁー別府行くか―♨

いろいろあって、何から書くべきか?(ちなみにこの前言ってた下書きは過激⁉スギルノデ却下)

 

まず確認として・・・長女ザウルス・・・受験します。

この前オープンキャンパスに行って吹部の話も聞いてきました(←秋のやつは3年生しかダメなので✕)。

来年も行きますけどね。取り敢えず「おまえのとこ来るな!」とは言われてません(←セーフw)。

顧問先生が変わり、自分等が知ってる?見聞きした吹部とは変わってきてると思うけど・・・

正直どっちがいいか・・・分からないけど(←昔の感じでもやらせてみるのもアリかと・・・)、顧問先生の話を聞いてて3年間アズケルニタル男だなって思ったのは確かです。

偉っそうだけど・・・。マーチングの事とか世間ではいろいろ言われてるけど、ちゃんと「音」を良くしてマーコン全国目指すって言ってました。

 

話はあっちこっちに飛びますよっと・・・w(注:先に言っときます)。推薦・専願にするとかまだ迷ってるけど一番合格しやすい方法でとは思っています(←受験するにあたって中学から保護者呼び出しくらってますけどねw)。でっ後は「先立つ物」をどーするか?こっちの問題ですねw。入試時オール5なら授業料が安くなるみたいなので頑張ってもらうしかないですねw。

 

コロナ禍で他校への浮気を考えたり(←親がですけど・・・)、「SING」無くなるのならヤメやなとか不健全でしたね。なんか繋がりが途切れた様な気がしてたし・・・。

あっでもマーコンのは「アリやな」って思いましたよ。だって勝負事だし・・・逆によーいろてきたなって・・・顧問先生・新コーチの意向?生徒さん達部員の意見?それでも変えるっていうのは凄いって・・・

ほんでちょっとは「SING]残してくれたしw(←自分的には全面カットは心が耐えれなかったと思う)。

 

でもってのブルーメ

自分の感想は「やっぱ橘やな」でした。音の良し悪しは気にならなかったと言うか意識外だったみたいで、部員さん達も久々やで緊張してるなーとか思ってみてましたw

93期のOGさんに長女ザウルスがお話ししてもらったり・116期tbの保護者さんとお話ししたり・118期clの保護者さんとお話ししたりだんだん追い詰められてきた気がしますw。

本当は・・・別府に参戦しないで貯金しとくべきなんだろうけど・・・長女ザウルスと関わりあうかもしれない120期も見せてあげたいし・・・とか言い訳で

思いっきり自分が見たいが本音ですね(←日々嫌な事にも耐えて頑張ってる自分へのご褒美←高いけどなっw)。

 

マーコン全国に向けての練習に生徒さん達は頑張っている事だと・・・金賞での嬉し涙を期待してしまいますが、結果より全国に進んでくれた事が嬉しかったですね。

「118期・119期・120期」の生徒さん達・・ありがとうございます。

 

なんとしても入学・入部してオホーツクの海で蟹漁と言う名の漁場荒らしに勤しんで帰ってくる時間を忘れて遊んでる「ボッタクリ商事・社主」を呼び戻さなきゃね♨

 

格上登場2

お疲れ様です。
そろそろ投稿しないとイケさんから鬼のような催促がくるので重い腰をあげて執筆しようと思います。
さて、前回更なる真実とかいって思いっきりハードルをあげましたが、実は橘OGがいたとか?の問い合わせが相次ぎ、珍しい事だけど橘OGがいたとかに比べれば大した事はありません。で真実とは今年格上の彼女の直下に配属された女子がなんと格上の彼女と同じ高校の吹奏楽部で2人とも同じクラリネットパートだとの事でした。格上の彼女に後輩ちゃんは先輩を追ってきたんだね。と聞いたら、私が聞くと気を使って本当の事言わないだろうから聞いてないんですよ〜。と言うので私は、じゃあおじさんが聞いてあげるよと言って上手く話しを膨らませ、美味しい焼肉屋さんあるんだけど行かない?って誘ったら見事に食い付いて来ました。なのでkotoさんと格上女子2人と焼肉を食べに行って来ます。あらかじめ言っておきますが、ただ若い女子と食事に行くんじゃないですよ。橘的にいえば116期と117期の彼女達、大阪城や甲子園での演奏も経験があるとか、普段私達が橘を応援するにあたり生徒達が様々な場面でどんな事を思っているのか、彼女達なら近い答えをもらえるかなっての事です。必ず聞きたいのは演奏している時は何を考えている?、観客がオッさんばかりだと嫌か?、ブラボーって言われてうれしいか?とかですかね。皆さんで是非これが聞きたいとかありましたら今週中にコメント頂ければと思います。ただその焼肉屋さん、結構なお値段なので今から心配です。

ところで都合が悪くなるとアナログだからと言いながら今時のハイテクカメラを使いこなしている方、そろそろ投稿どうですか?